事業再構築補助金に係る当商工会での受付スケジュールについて

 

■受付スケジュール

2次公募申請開始日                 令和3年5月20日

当商工会への事業計画書提出(作成済み)締切   令和3年6月18日

事業再構築補助金申請締切                            令和3年7月20日

 

■申請の流れ

GビズIDプライムの取得

補助金の申請は、電子申請で行うためGビズIDが必要です。

電子申請の需要増加に伴い、ID発行に最大で3~4週間程度の期間を要しますが、特例措置として暫定GビズIDプライムアカウント の発行が可能です。詳細はGビズID公式HPをご確認くだいさい。

事業再構築補助金の事業計画書作成方法

補助金制度の内容等、各種説明動画がございます。右記よりご確認ください。→事業再構築補助金概要編

また専門家による個別相談(1時間の事前予約制)を実施しております。当会への計画書提出期限の約2週間前まで受付いたします。作成済みの計画書をご持参下さい。

相談予約

窓口は原則予約制となっておりますので、事前にご予約をお願いいたします。 

事前のご相談が無い場合は窓口に来られましても認定経営革新等支援機関確認書の発行はできません。

事業計画の作成代行、代理申請は行いません。

相談は、作成済みの事業計画に対する助言という形で行います。相談に当たっては、公募要領や事業再構築指針及び指針の手引き等を十分ご覧頂き、事業計画を作成された上でお越しください。

確認書の発行

認定支援機関の確認書発行については、会員事業所に限定いたします。入会には所定の承認手続きがありますので即日入会はできません。

会員事業所につきましても、内容確認・審査に数日を要するため、即日発行はいたしません。概ね5日程度かかることをご了承ください。複数回の相談を通して、事業計画に対して確認書を発行できると判断した場合のみ確認書を発行いたします。

本確認は、本補助金の採択・実行を当商工会が保証するものではないことをご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

なお制度の理解、事業計画の内容が不十分な場合、事業再構築による成果が見込まれないと判断した場合、確認書発行の強要があった場合、信頼関係を損ねる不適切な言動があった場合には、認定支援機関の確認書を発行しない場合がございますのでご了承ください。

電子申請

電子申請システム操作マニュアルに沿って申請して下さい。→マニュアルサイト

代理申請はしておりません。事業者様自身で制度、申請内容を理解し、申請してください。

採択後の実績報告、年次報告についてもご自身で申請いただきます。代理申請は行っておりません。

2021年6月11日

新型コロナウイルス感染症急拡大に伴う注意喚起

4月27日現在 

久留米市内の感染者数が急速に 拡大しています。会員事業所並びに従業員の皆様におかれましては、不要不急の外出を自粛し、やむを得ず外出するときは、外出先の感染状況に注意を払うとともに、基本的な感染予防策を徹底してください。詳細は下記をご確認ください。

2021年4月27日

小規模事業者持続化補助金の公募について

この案内は、商工会の管轄地域で事業を営んでいる方の公募案内です。
商工会議所の管轄で事業を営んでいる場合は、商工会には申請できませんので、最寄の商工会議所へお問い合わせください。
(会議所地域は公募要領・申請様式等が異なります)現在公募中の持続化補助金については下記をご確認ください。

2021年4月20日

久留米市事業継続緊急支援金(市)について

2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、売上が30%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様に対し、宣言の影響緩和を図るため、各機関から支援金が支給されます。
久留米市では、市内の事業者を支援するため「久留米市事業継続緊急支援金」制度を創設しました。制度の概要は、下記詳細をご確認ください。

2021年3月18日

福岡県中小企業者等一時支援金(県)について

緊急事態宣言に伴う飲食店の営業時間短縮や不要不急の外出・移動の自粛により影響を受け、売上が前年又は前々年同月比30%以上50%未満減少した政令市を除く事業者に対して一時金を給付(法人:最大15万円、個人:最大10万円)詳細は下記をクリック

福岡県中小企業者等一時支援金コールセンター

0120-123-071
0570-012-371
(平日9時~17時)

2021年3月15日